連合体の沿革

 これまで(2009年度以前)放射光を用いたソフトマター分野における構造解析等の計測は、日本国内においてはソフトマター研究専用ビームラインが存在せず、主に構造生物学用に設置されたSPring-8BL40B2を用いて計測されていました。
 学術研究者は先端的な放射光活用による高度な計測を目指し、産業界からは製造プロセス技術の開発に向けたダイナミクス研究への放射光活用の要望が高まってきました。

 そこで、元々高分子分野では産業界と学術研究者の共同研究が盛んに行われていたため、高分子研究の第一人者の学術研究者数名を中心に、ソフトマター分野の日本を代表する企業と学術研究者で協力し、大型放射光施設SPring-8にソフトマター研究専用ビームラインの建設計画を2006年にまとめ、2007年1月に専用施設設置計画趣意書を、SPring-8登録施設利用促進機関である高輝度光科学研究センター(JASRI)へ提出しました。

 その後、企業と大学がそれぞれ研究グループを立ち上げ、2008年2月に17研究グループでフロンティアソフトマター開発専用ビームライン産学連合体が発足し、SPring-8の設置場所BL03XUにおいて、フロンティアソフトマター開発産学連合ビームライン(FSBL)の建設を開始しました。 2008年12月には、さらに2研究グループが参画し19研究グループとなり、2009年11月アンジュレータ放射光の発振に成功し、2010年2月竣工を迎えました。
 2010年4月からは、FSBLの性能を十分に活用した研究開発が本格的に行われています。
 2019年9月27日には10年の契約が満期になり、2019年9月28日からは、第二期FSBLが始動しています。

 2020年度には、ビームラインの老朽化対策、安全性アップのための改造とともに、より効率的なビームライン活用を目指すため設備全体のハイスループット化工事を行い、さらに活発に最先端の研究開発が行われています。

連合体の運営体制

産学連合体の運営は、各研究グループより選出された委員で構成される専門委員会で、FSBLの運営に関わる様々な案件を検討し、最終決定機関である運営委員会へ提案を行います。

会計監事

事務局での経理処理に対し、会計監査を行う。その他経理処理に関することの検討を行う。

産学連携・将来高度化委員会

FSBLの高度化に関する技術的提言と、産学連携による研究開発の推進のための検討を行う。

アドバンスチャレンジ課題の選定を行う。

安全委員会

FSBLの安全対策及び事故が発生した場合の対応に関する事項についての検討を行う。

ビームタイム配分検討委員会

FSBLのビームライン利用時間の配分に関する事項及びこれに付随する事項についての検討を行う。

広報委員会

FSBL全体全体にかかわる内容の外部発表(新聞、雑誌、学会誌への掲載等)についての確認作業、出版物の編集、研究発表会の開催にかかわる作業を行う。

FSBLユーザーの技術研修、若手人材の育成、ユーザー間の情報交流等を目的とした講演会、講習会等を開催する。

連合体の構成

フロンティアソフトマター開発専用ビームライン産学連合体は、 下記の15企業グループ(関連の研究所・事業所等を含む)と大学・財団法人・独立行政法人等の研究者で構成されています。(敬称略)。

企業メンバー


旭化成株式会社

関西学院大学

株式会社クラレ
  
住友化学株式会社

住友ゴム工業株式会社

住友ベークライト株式会社

株式会社 デンソー
  
東レ株式会社

東洋紡株式会社

株式会社ブリヂストン

三井化学株式会社

三菱ケミカル株式会社

横浜ゴム株式会社

帝人株式会社

DIC株式会社

学術研究者の所属機関

東京大学京都大学九州大学東北大学
東京工業大学神戸大学広島大学 山形大学
信州大学三重大学山口大学埼玉大学
京都工芸繊維大学名古屋工業大学北九州市立大学仙台高等専門学校
共立女子大学Stony Brook UniversityTennessee University
理化学研究所高輝度光科学研究センター量子科学技術研究開発機構産業技術総合研究所
総合科学研究機構愛知シンクロトロン光センター

学術諮問委員会

ソフトマター研究分野において多大な功績を挙げられた先生方に就任いただき、ビームライン活用のアドバスから運営に関することまで様々なアドバイスをいただく。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です